廃棄物エネルギー化システム

様々な技術をOrganicsは利用することができます。

建設、管理、運用

埋立ガスや廃棄物の管理は実際的には大変複雑で、予期せぬコストや、時間の浪費がおきてしまうことがあります。

ガス化システム

Organicsは数々のバイオマス燃料の効率的なガス化のための設備をセットにした技術を開発してまいりました。特に一般廃棄物については経験が豊富ですが、その他の分野でも用途に応じて廃棄物からエネルギーを作る技術を持っています。

嫌気性消化

嫌気性消化はバクテリアによる酸素供給が十分な中での反応により起こります。それは一般的には廃棄物処理に用いられますが、熱や電気を生成するのに用いられる高濃度メタンの生成にも用いる事ができます。

廃棄物からエネルギーへの変換

一般廃棄物からガスを通しての発電についてこの商業用の廃棄物エネルギー変換をするシステムは以下の順序で進めてまいります。廃棄物分別、産業物前処理、ガス化システム、エネルギー生成 等が御座います。

クリーン パイロリシス

パイロリシスは熱分解の性質を利用してバイオマスを十分燃焼しない条件の下でガス状の物質に分解するものです。
Organics社の提供するパイロリシス技術は空気のない状態で熱を使って行います。

クリーン パイロリシス K Range

K Rangeは荷物の発送や展開に容易なISOコンテナのサイズで設計されます。従ってK Rangeは、移動性の高いモバイルユニットであり、環境親和性があり、熱効率がよいものとなっております。

クリーン パイロリシス T Range

一般的な用途としてのT Rangeは40,000人から40万人の中規模から大規模の地域での一般廃棄物の処理を想定しています。例えば多くの町や田舎のコミュニティセンター等です。

GALFAD

GALFADは分別されていない一般廃棄物から最大の再生エネルギーを得ることができるように設計された廃棄システムです。
単純に言ってそれぞれの廃棄物から再生エネルギーへの適切な変換を目的としています。

エネルギー源としての廃棄物

Organicsは様々な範囲のエネルギー連鎖の技術を提供する事ができます。

 

 

ダウンロード(英語)
廃棄物エネルギー化システム



前のページに戻る