MC Flare Systems

シュラウドフレームフレアで非可視炎タイプで、自動的に温度1000C、滞留時間0.5秒間となるように燃焼気体を自動的に調節しています。
 
  • 自動温度調節
  • 非可視炎
  • 乱流炎
  • 1200℃
  • 排出調節

標準ユニットの仕様データについての概要

  • 使用可能フローレート範囲: 250から10,000Nm3/h
  • ガスブースターを通した圧力上昇: 約150 mbarg
  • 炎温度: 1150℃~1200℃
  • 滞留時間: 0.5秒
  • 最低燃焼維持メタン濃度: 25% CH4
MC Rangeのフレアスタックは燃焼の温度を1200℃に保ち、滞留時間を要求通りにするための燃焼技術を提供します。

この技術ソリューションの重要な点は燃焼温度を1200℃まで上昇させ、その温度で燃焼ガスを保持してさらに長い時間燃焼をさせるというものです。

この技術はMC型のフレアでのみ実現でき、環境への熱損失のコントロールと設定した時間ガスを設計温度になるように保持することができます。

滞留時間は完璧な燃焼と正確な温度を実現するために必要な埋立処理ガスの容量を求めることに関して正確な計算が要求されます。科学量論的に空気とメタンの混合割合は10:1が理想的です。実際にはガスと空気の混合にはその割合より空気の量が多くなるように要求されます。一般的には15:1に近い割合となります。それは追加の空気が炎を冷却し、予定より高温になるのを防ぐためです。

厳しい温度損失についてや燃焼についてのコントロールはこのフレアシステムの肝要となるものです。

MC Rangeは分解率の要求に対して最高の仕様を提供するとともに、滞留時間及び温度のための燃焼コントロールについても最適な技術を採用しています。
炎の温度が1200℃まで得ることが可能です。さらなる燃焼戦略にはRB Rangeのフレアユニットの採用が必要で御座います。
 

 

 

ダウンロード(英語)
MC Flare Systems



前のページに戻る