LHC Flare Systems

低カロリーガスの安全な燃焼

主な特徴

LHC(Low Heat Content) Rangeフレアは低カロリーガスや低熱容量の燃焼させる問題に特化した設計になります。最適化された燃焼コントロール技術は熱損失を最低にし、その一方で空気とガスの混合を非常に高い質で行います。

通常の埋立処分ガスフレアは、たとえばメタン濃度を最低でも15%から20%の間で行います。たとえば服務規程として爆発の危険を避けるために20%以下のメタン濃度になったら燃焼を停止するとしたい時に、LHC Rangeフレアは特別に20%以下で運転するように設計します。また設備の内部に爆発防止の保護を取り付けメタン濃度が5%以下になっても運転を可能にします。

Size range

LHC Range フレアは標準的にはフローレートが250から1000 m3/Hの範囲で使用できます。これより高い容量が必要な場合は複数ユニットの据付もする事ができます。

Application

LHC Range フレアは理想的には古い埋立処理施設と連結できます。そこにはメタンの濃度をどう効率的にするかという問題がありますが、従来のの燃焼技術では十分ではないのです。

 

LHC Range フレアはオフガス(未使用燃料ガス)で処理の流れからくる低カロリーなものに適用できまして、燃焼すると大気に放出するより有用に利用できます。

 

 



前のページに戻る