浸出水処理: 基本概要

浸出水と埋立ガスは大抵両方とも同じものから発生します。 :有機物の分解

会社は埋立ガスに関するソリューションを提供します。さらに浸出水についてのソリューションも提供します。埋立サイトから発生するものにはガス状と液状のものがありますが、しかしながら実際の量は予測しにくいものです。

埋立ガスの問題を解決する適切なソリューションを決定する為に、ガスの発生量とメタン濃度を知る必要があります。そのデータは試掘とポンプ試運転により得ることが可能です。

浸出水については以下について知ることが必須となります。

1.処理要求に沿った予測フローレート

2.浸出水の組成

3.規制による組成成分の排出

このテクノロジーの情報により、排出同意を選択する必要があります。それは浸出水処理に採用されるおよそ20もの基本テクノロジーから選択できます。

それらのひとつひとつは他のケミカルエンジニアリングの基準と色々なモードで結合し、コストと質のバランスを最適化した多種のソリューションを提供することが出来ます。

1.処理要求に沿った予測フローレート

浸透水のフローレートの予測は浸透水処理施設を立ち上げる際の目的によります。もし、サイトの外で浸透水の流れを受け取り、処理することが必要であれば、そういったシステムも利用可能です。もし浸透水をサイトの中で処理して、埋立地の浸透水の全てを調整したいのでしたら、水収支の調査を実行することが必要になるでしょう。

浸透水のフローレートは主にサイトへの水の流入量に基づき、埋立ガスの実例の観点から考えると生理活性とは異なるものとなります。水の流入量は降水と地下水から決まるもので、生理活性と同様です。

浸透水が生成される信頼のおけるレートの予測を得ることはサイトが適切な状態になっていない間は埋立ガスのレートを算出することよりとても難しいものとなります。そのため水利地質学の専門家による予測のサービスが必要となってきます。

2.浸出水の組成

抽象的な浸透水の組成については、各種のトライアルを通してモニタリングされ、基本的な解析を通して定められていきます。サンプルは最も効率的な方法を取り入れ、適した装置を持つ実験所で解析されていきます。

3.規制による組成成分の排出

どの浸透水の成分が処理されるべきかは、排出同意により決定されます。そのような同意場おそらく環境機関から得られるものでしょう。地下水に排出するか、現地の水会社あるいは下水処理会社に排出するか等同意が必要でそれぞれの事情に合わせた規制が存在するのにあわせて対応する必要があります。

化学工学に基づく調査を始める前に、処理プロセスの詳細な目的を決定することが重要になります。さらに処理プラントを導入する前に排出合意の契約を交わすことが大変重要になります。

埋立ガスに限らずとも、燃焼は普遍的に行われている手法です。採用される技術分野の選択は処理の目標にあわせて決定されます。もしそれらが計画や建設の途中で他の処理の目標に変更になる場合は、プラントの提案に対して大幅に変更になる可能性が御座います。

処理の方法

提供可能な処理方法の詳しい情報は上に製品インデックスの浸出液、又はOrganicsより提供されています処理方法についてのリンクを御参照下さい。これらは基本的な処理方法や技術の基本原理についての簡単な記述が提供されています。プラントの資本や運用コストとの比較によりどの技術を採用した方が良いかを評価する事ができます。
 
 

 



前のページに戻る