アンビエント空調

ガスと液体を冷却するためのブラストクーラー型のアンビエント空調

  • 周囲温度プラス10℃にライン温度を低減する
  • ガスと液体用
  • スタンドアローン型やシステム一体型
  • アプリケーションに適した材料

特徴

ガスの圧縮はラインの温度を想定以上に上昇されることがあります。多くのプラスチックでできたパイプラインは時として、高温によりダメージを受ける事があります。

Organics製のアンビエントエアラインクーラーは外気より10℃高い温度にラインをすることでプロセス仕様に適合させる事ができるシステムを施工する事ができます。

Size range

ラインクーラーは500m2/hrから10000m2/hrまでのガス運搬容量を持つユニットに据え付ける事ができます。これより大きいものについては要求に応じて作成することも可能です。温度は周囲温度に近づけるために数百度単位で削減する事が可能です。

 

Application

高温からパイプラインや後処理プロセスの保護については、この技術のアプリケーションが重要なポイントとなります。これは主なケースとしてエンジンへの供給ガスは最低温度と最高温度の要求がある等がしばしばあげられます。冷却ガスについての設備もこれと同様に例外的な低温時にはガスを加熱することが要求されます。このような事情が御座いますので、Organicsのアンビエントエアラインクーラーはオプションでラインを熱する設備にも装着することができます。

ダウンロード(英語)
アンビエント空調



前のページに戻る