バイオガスからの発電

バイオガス(農業廃棄物からでるLFGやガス)は価値のあるものと認識されています。両方とも燃料ガスとしてエネルギー生成に利用でき、さらにカーボンクレジットとしても利用できるオプションにもなります。これらの資源の再利用には特別な特別な技術とノウハウが必要とされます。バイオガスの摘出、扱い、管理は技術的にも実現に影響を及ぼす重要な側面を持つうえに、プロジェクトの利潤にも関係します。正しく実現すれば、バイオガス再生と利用を行うプロジェクトは受け入れ可能な条件で投資を回収できるものとなりえます。

発電を実行可能なプロジェクトルートはODSG06のOrganicsのデータシートに要約されています。(下のダウンロードリンク)

 

カーボンファイナンス

 

2つの目的に基ずく、再生カーボンクレジットのプロジェクトは、広い範囲の登録や承認手順に関する交渉について配慮する必要があります。

加えて、どんなに性能基準に関係なく、カーボンクレジットに関して請求する目的のプロジェクトでは運用データの緻密なモニタリングや記録をするシステムが要求されます。OrganicsはCDMと自発的な炭素排出基準に適したエンジニアリングシステムを開発者に提供することができます。

 

ダウンロード(英語)
バイオガスからの発電



前のページに戻る