ガスチラー

密封されたガスを0度付近や氷点下まで冷やすことができます。

  • 自動露点コントロール
  • システムデザインへの完全統合
  • サブゼロ温度の利用

主な特徴

ガスチラーはガスストリームを約2℃まで低減させるものです。その温度低減を実現すると熱交換のチューブを凍らせる結果になってしまいます。氷点下の温度となっている箇所では、熱交換器を並列に動かす事ができます。これらが凍ってしまう前にスイッチして流れを帰ることになります。

温度を冷凍する温度に近づけることで、ガスの絶対湿度を減らすことができ、チラー中のガス濃縮を最小にすることになります。

 

サイズレンジ

チラーパッケージは、Organicsより供給される専用のプロセスプラントの追加部品になります。実用的なサイズなら特にサイズ制限は御座いません。フローレートは10000Nm3/hrまで効果的にターゲットレベルまで冷却する事ができます。

 

アプリケーション

適した装置を供給するケースで、例えば内部燃焼エンジンやガスタービン等について、プラントに供給されるガス中の最大の湿気を特定する必要があります。
これらを扱うオプションは限られています。吸湿フィルターは6℃くらいまで露点を下げることができますが、これは不適切な保護を供給することになってしまい、特に供給ガス中の露点は変化しやすいので難しくなります。

 

適切に設計され、建設されたチラーが継続的に要求を満たす 露点のターゲットを満たすよう確実に動作させる事ができます。

 

ダウンロード(英語)
ガスチラー



前のページに戻る