硫化水素スクラバー

有機物の嫌気性消化はメタンや二酸化炭素を生成します。それはさらに他のガスの生成もします。(硫化水素等)硫化水素は健康に害を及ぼす可能性があります。それは不快な臭いがあり、炭素鋼を短時間で腐食させる原因にもなります。

硫化水素は化学的酸化によるスクラバーを用いて除去することができます。それらのスクラバーは水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、エタノールアミンのような酸化物を含んだ水性の溶剤を採用しています。それらを用いた化学的酸化はそれぞれのアプリケーションにより、長所と短所を併せ持っています。

 

特徴

  • 有害な臭いの除去
  • プラントや硫化水素を運搬する装置の腐食の防止
  • 二酸化硫黄の放出の防止
  • 硫化水素の高濃度化より生じる健康被害の可能性の除去
  • Organicsのガススクラバーは硫化水素の除去の規制に関する基準を満たします。

基本実例

  • 原子量 34.08
  • 融点 -85.5℃
  • 沸点 -60.3℃

毒物学的要約:  人間の呼吸が硫化水素を吸い込んでしまう一番考えられる方法です。例え短い間でも500ppmを超える硫化水素の濃度にさらされると呼吸器系の不全や破壊に直ちにつながってしまう恐れがあります。そのような場合は直ちに肺気蘇生を行わない限りは死亡事故につながってしまいます。500ppmを超えない硫化水素の濃度の場合も、時として意識不明や死亡事故を引き起こしてしまう可能性があります。科学反応式: H2S+2XOH=X2S+2H2O

 

キーデータ

  • 標準的なフローレートの範囲: 100から20000 Nm3/hr
  • スクラバーによる圧力低下: Typical = 25mbar gauge
  • 除去効率: Typical=98% (設計使用による)

 

硫化水素の除去は好気性消化施設が動いている時にその出力口で行うのが基本的な仕様となります。例えば豚の農場等です。運搬するガスを処理したい場合は、Organicsは熱酸化装置を提供致します。それは硫化水素の場合は20000ppmを0.5ppmに減らすことができます。

 

ダウンロード(英語)
硫化水素スクラバー



前のページに戻る