ガスポンプセット

発電のための燃料スキッド。燃料スキッドに求められる必須の条件は長期の信頼性です。

ユニットでOrganicsにより設計、製造、供給されたものは実績のある技術として埋立サイトのガスポンプアプリケーションに採用されています。それらは不必要な中断が、収入源の悪化につながるような事を避ける技術として重要視されています。

現在では埋立ガスは燃料の一種としてよく認識されています。それはほかの似たような燃料ガス、例えば天然ガスや嫌気性消化で生成されるバイオガスとは適合しない特性をもっている。こうした理由のために、埋立ガスの燃料スキッドは、それのアプリケーションに特化したように建設される必要があります。特記事項として高いレベルの湿度の低下はトレースガスが様々な範囲において腐食してしまう可能性を持ています。これらはハロゲンからアンモニア、メタンチオールまで色々なガスにあてはまります。

特徴

  • 高信頼性ガスポンプセット
  • 露点を管理するオプションのエアブラストクーラーと冷却チラー
  • サイトに特化した設計
  • 濃縮ガスのための自動湿気除去システム
  • メインコントロールセンターとの接続設備と一体化したコントロールシステム

キーデータ

  • 利用可能フローレート: 50から20000m3/hr
  • 吸引圧力水頭: 吸引口の圧力はめったに150mbar以上必要とされることは少ないが、高真空システムにおいては必要とされる事もあります。
  • 輸送圧力水頭: 輸送圧力は300から600mbarで2段になったセントリフューガル送風機でたいていは、実現できます。それ以上高い圧力水頭が必要な場合には、200 bar g くらいまでならスクリュー圧縮機や回転羽式圧縮機や数段の往復型圧縮機で実現できるかもしれません。

ガスポンプユニットでOrganicsより製造されて、設計されたものは埋立ガスを発電機に送ることについて、動作時間のうち99%以上正常動作を確認しています。

ダウンロード(英語)
ガスポンプセット



前のページに戻る