空気浄化

様々なソースへのオドーコントロール用高レートの化学酸化システム

高電圧を利用した紫外光の生成、ワイヤーメッシュ触媒によって空気中での分子は分解されエネルギー化されます。そして湿気や空気が不安定核、イオンとラジカルで励起された電子と共にあるものが 混じり合って構成されているものに変換されます。

この技術はシンプルですが、とてもポテンシャルをもっており、様々なプロセスで発生したオフガスにより残った臭いを完全に除去できる可能性もあります。この空気浄化の原子は酸化成分を撃退し、それらを減らして二酸化炭素、水、窒素やその他の無害の物質に変換します。またこの化学反応は可逆反応です。

特徴

  • 高レートの目標物質の酸化による高効率のオドーコントロール
  • 動作部品や、機械的破損の心配がなく、化学物質追加の必要性がありません。
  • 水の消費や汚染物質を招きません。

キーデータ

  • 使用可能フローレート: 2000から20000m3/hr、排気ガスのフローについて
  • エネルギー要求: 1000m3につき5kWh
  • スペース要求: 一番大きい規格のモジュールで 1.5m W 1.0m L 2.4m Hです。前面のアクセスにはコントロールとサービス用に自由なスペースがあることが要求されます。

臭い除去の空気洗浄ユニットは高速の酸化を基本技術としております。原子はこの理論で酸化されて人間の鼻で臭いとして感じません。

空気洗浄ユニットはステンレススチールのキャビネットで構成され、幅広のメッシュの紫外線触媒の設備が含まれています。空気はユニットの中を通過し、前処理なしで浄化され、空気中に放出されていきます。

ダウンロード(英語)
空気浄化



前のページに戻る