ガス化システム

バイオマスからシンガスへの変換

バイオマスのガス化への動作は酸素の欠乏した状態でバイオマスの化学組成が終了するまで加熱する事により行われます。このプロセスは分子が分解し吸熱化学反応が終わるまでの間、熱を加え続ける必要があります。

空気とともにガス化することで低カロリーのガスを生成することができます。また熱量は天然ガスと比較して1/4になります。間接的に加熱する事や酸素を吹き付けてのガス化により熱量が天然ガスと比較して半分程度のカリリーガスを生成することができます。生産されたガスは発電に有利な気体燃料として適しています。

Organicsは数々のバイオマス燃料の効率的なガス化のための建屋をセットにした技術を開発してまいりました。特に一般廃棄物については経験が豊富ですが、その他の分野でも用途に応じて廃棄物からエネルギーを作る技術を持っています。

特徴

  • バイオマス廃水からの最大限のエネルギー生成
  • 環境基準にあった低い排出物
  • 数々のバイオマス供給源に適合する性能
  • 1日あたり最高300トンの処理能力
  • ベンダーファイナンスや特別な運用オプション

長所

  • バイオマス廃棄物からエネルギーへの素早い変換
  • 埋立用の灰廃棄物の低減
  • 既存の埋立能力の最大限の活用
  • 含水廃棄物や感想廃棄物を一つのエネルギーパークのために合わせる総合管理オプション。
  • 熱削減プロセスにおける余分な空気がない事が有毒ガスの生成を防ぐのに役立ちます。

廃棄物をエネルギーに変換するシステム

産業用や公共用の施設において様々な勇気廃棄物が生成されます。それらの廃棄物は公共性が高く、また扱いにくさや、移動させにくさがあり長期的な処理を検討すべき廃棄物となります。Organicsのガス化システムは様々な有機化合物の廃棄を受け入れることのできものとして設計されます。これは一般廃棄物のガス化を実現するシステムの設計に前もって必要です。
 
 

ダウンロード(英語)
ガス化システム



前のページに戻る