嫌気性消化

湿有機廃棄物のエネルギー変換

嫌気性消化はバクテリアによる酸素供給が十分な中での反応により起こります。それは一般的には廃棄物処理に用いられますが、熱や電気を生成するのに用いられる高濃度メタンの生成にも用いる事ができます。

嫌気性消化の装置は基本的に熱消化タンク、ガス貯蔵用ホルダー、ガスエンジン、発電機のセット(発電機は発電が必要な時のみ)。有機物はタンクの中で60%以上バイオガスに変換されます。この変換の割合は廃棄物の質と動作温度によっても変化します。バイオガスのカロリー値は一般的なところで天然ガスの50%-70%であり、専用の天然ガスのボイラーで燃焼させて発電するか、内燃燃焼ガスエンジンを動かして発電するか両方が選択可能です。

Organicsの嫌気性消化システムは高いレートに設計されており、加工しにくい物質の管理ができる能力を持っています。

特徴と長所

  • 専有技術を採用した高いレートの嫌気性消化
  • 廃棄物削減と再生エネルギー
  • 肥料や堆肥の作成
  • 大気汚染をしないバイオガスの生成
  • 温暖化ガス削減や再生可能エネルギー生成に関しての社会貢献

 

 

ダウンロード(英語)
嫌気性消化



前のページに戻る