廃棄物をエネルギーに変換するシステム

一般廃棄物からガスを通しての発電について

この商業用の廃棄物エネルギー変換をするシステムは以下の順序で進めてまいります。

  • 廃棄物分別
  • 廃棄物前処理
  • ガス化システム
  • ガス処理
  • エネルギー生成
廃棄物はゴミ処理センターで受けて、ショベルカーで大雑把に分別されます。粗大ゴミは分けて廃棄されます。その後廃棄物はそれぞれの施設ごとに異なる設計ではありますが分別施設まで運ばれていきます。施設内で蓄えられたガス化に使用する廃棄物は切り刻まれ、乾燥させられガス化のために運ぶ準備を整えられます。埃やタールはシステム設計で合成ガスを燃焼エンジンに投入する前に取り除くようにします。プロセスは慎重に進めていく必要があります。

特徴

  • レセプションホールから発電まで -ターンキーソリューション
  • 供給される廃棄物の15%削減
  • 埋め立てる廃棄物だけに確実に分別する
  • 資産、負債の管理
  • 単純で信頼性のおける設計

廃棄物管理

各国内での廃棄物処理の流れは現在多くの国で根本的に変更されつつあります。主な点としては一般廃棄物から再生エネルギーを生成するオプションを考慮するようになったことです。また廃棄の前に同時に廃棄物の量を減らす事も考えるようになってきています。

Organicsのガス化システムは必要最低限の施設で設計されるように工夫されています。このアプローチはシステムのロバスト性を向上させ特別なスキルを持った技術者がいなくても運用することが出きるという点で優れています。

ガス化

ガス化は空気が不足している中での有機物の低温での燃焼によって実現できます。Organicsのシステムでは内燃燃焼エンジンによりそれが実現できます。

長所

  • バイオマス廃棄物からエネルギーへの素早い変換
  • 埋立用の灰廃棄物の低減
  • 含水廃棄物や感想廃棄物を一つのエネルギーパークのために合わせる総合管理オプション。
  • 熱削減プロセスにおける余分な空気がない事が有毒ガスの生成を防ぐのに役立ちます。
  • プラントの構成は様々なタイプの熱処理施設にいれる廃棄物を扱うことができます。
Organicsのガス化システムは様々な有機化合物の廃棄を受け入れることのできものとして設計されます。これは一般廃棄物のガス化を実現するシステムの設計に前もって必要です。ガス化を利用しての廃棄は廃棄物をエネルギー化できる事と廃棄物の処分量の軽減に役立ちます。

 

 

ダウンロード(英語)
廃棄物をエネルギーに変換するシステム



前のページに戻る