エネルギー源としての廃棄物

Organicsは様々な範囲のエネルギー連鎖の技術を提供すう事ができます。それには嫌気性消化システム、ガス化、パイロリシスシステムを含みます。

いつも資源の価格が頂点の時に、廃棄物をエネルギー資源化する動きが政府、企業、個人レベルで活発になります。この差し迫ったニーズは資源の価格が増大することによる大きな打撃を回避するために必要となります。

廃棄物は再生エネルギーにとって適した形にする事ができます。例えばタピオカ、パームオイル、米、ココナツ等の農作物の加工においてとても大きい量の固体や液体の流出物が生じ、それらをエネルギーに変換することができます。

製品の特徴

  • 設計、製造、据付のターンキープロジェクトサービスが御利用可能です。あるいはコンポーエントの設備のみの御提供も可能です。
  • また廃棄物の燃焼や余分なガスの処理についての総合的なソリューションも提供致します。
  • 系列の会社を通してのプロジェクトのファイナンスとオペレーションが利用可能です。
  • またオペレーションとメンテナンスサービスが提供可能です。

 

 



前のページに戻る